loading

ディールの流れ

M&Aにはプロが必要です。
M&Aに到るまでの流れを紹介致します。
1,
売り手の経営者からのヒアリング
引退したい、資金が必要なので売却したいなど、まずはなんとなく売りたいと思っている段階から無料相談をお受けいたします。もしご興味がございましたら、会社やお店の財務内容、営業状況など細かな部分のヒアリングをさせていただきます。※いきなり会社は売りたくないがまとまった資金が欲しい、という場合には、会社ごとではなく、ひとつのブランドを単独で切り離してM&Aする方法もあります。
2,
必要書類の準備
M&Aは秘密保持契約を締結させて頂くところから始まりますので、御社の情報が決して外に漏れることはありません。また、弊社がアドバイザーを務めさせて頂くため、ファイナンシャルアドバイザリー(FA)契約書を締結し、御社の FAとしてご任命頂きます。財務書類(決算書等)や各種契約書(賃貸借契約書等)をお預かりし、M&Aに必要な書類を整えていきます。お預かりした書類をもとに、プロによる企業価値算定を行い、そのようなスキームで、いくらで売るのか、具体的に詰めていきます。

譲受企業候補のご提案・選定と条件の検討

ロングリスト作成、ネームクリア→弊社の外食企業ネットワークを活かし、
御社に適した買手候補リスト(ロングリスト)作成し、ご提案致します。
買手企業にご提案する前に、必ず売主様に打診し、提案可否を伺います(ネームクリア)。
1,
意向表明書を受領
提案した買手候補の中から、買収に関心を示す会社があれば意向表明書を受領します。
2,
トップ面談
売手と買手の代表同士で面談の場を設けます(トップ面談)。主な趣旨は初回の顔合わせですが、初期提案資料で不明瞭な点について、ここで具体的な質疑応答を行うケースが多いです。双方の諸条件が整えば、当事者同士で基本合意契約を締結します。※基本合意契約は独占交渉権を中心とした契約となり、締結後は他社との交渉ごとはできなくなります。
3,
追加資料請求、Q&A
具体的に進めることとなった買手候補から、追加の資料請求、Q&Aの依頼を受けます。KSGが全面的に対応致します。
4,
基本合意契約書の締結
買手企業から依頼を受けた税理士、会計士、弁護士等によるデューデリジェンス(買収監査)が行われます。それぞれの専門家が売手企業を隅々までチェックし、膨大な量の質問がきますが、KSGが全面的に支援してまいります。自社の社員だけではとても対応できる労力ではありません。
5,
デューデリジェンス(買収監査)
M&Aのクロージングに向けて、デューデリジェンス(下記)に入る場合、買手企業に費用負担が発生するため、一定期間ほかの会社との交渉をしないための取り決めとして、基本合意契約書を締結します。この締結をもって1社に独占交渉権が付与されます。
6,
最終交渉
デューデリジェンスの結果を受けて、買手企業との間で最終的な条件交渉をしてまいります。
7,
賃貸借契約の家主、その他必要に応じて事前交渉
条件がまとまり、買手が本決まりになりましたら賃貸借契約の家主や、取引先など事前交渉が必要な先との交渉を行います。本来、M&A後に行うものですが、最近の契約書には「M&Aの際には事前に家主の承諾を必要とする」旨の記載があることも多く、注意が必要な部分です。
8,
最終契約書(株式譲渡契約書、事業譲渡契約書など)の締結、それに伴う必要資料の締結
全ての条件交渉がまとまった後、最終契約書を締結します。会社の株式を譲渡する場合の株式譲渡契約書や、一部の事業だけを譲渡する事業譲渡契約書などが一般的です。この際、最終契約書以外にも様々な書類が必要となります。かなり専門知識を有する部分ですので、KSGが必要資料をまとめていきます。
9,
決済・クロージング
契約書を締結した後、買手から売手に譲渡対価を支払います。これが、クロージングと呼ばれます。
成約実績はこちらから  >

page-top